文章術

【ブログの書き方】押してダメなら引いてみろ!絶対にやってはいけない過激な文章術【カリギュラ効果】

caligula

 

少し過激に商品をPRして注目を集めたいけど良い方法が思いつかない。

 

こんなお悩みに答えていきます。

 

超オススメって商品を紹介しても誰も見向きもしてくれない...
やまキー
かなた
全面的に商品を薦められると逆に怪しんで距離を置かれちゃうよねー
でも、商品を薦める以外に良い方法なんてなくない?
やまキー
かなた
そんな時は「カリギュラ効果」を利用してみよう!

 

結論:カリギュラ効果で注目を集めて販売促進が可能!

 

本記事を読むことでカリギュラ効果を理解し使用することが出来ます。
そして商品の注目度を集めて販売を促進することが可能になります。

 

本記事の内容

  • ブログの書き方:カリギュラ効果とは
  • ブログの書き方:カリギュラ効果の使い方
  • ブログの書き方:カリギュラ効果のコツ
  • ブログの書き方:カリギュラ効果の注意点

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在ブログ歴2年です。
累計記事数300記事以上執筆しており、月間8万PVを達成しています。

 

ブログの書き方:カリギュラ効果とは

caligula1

 

カリギュラ効果は禁止されるほどやってみたくなる心理効果です。

相手の関心が高いことを禁止することで疑念や不安を煽りさらに高い興味を抱かせることが出来ます。

 

具体例を挙げますね。

・絶対に調べてはいけない単語3選
・【閲覧禁止】この動画は絶対見てはいけません
・このリンクは絶対にクリックしてはいけません

 

この他にも「絶対に、絶対に押すなよ」とお笑い芸人や芸能人が使っていたり、その用途は幅広く浸透しています。

この心理効果は世間的にも浸透しているよね!
やまキー
かなた
動画のサムネイルやテレビCMにも使われているので親しみやすいよね!

 

ブログの書き方:カリギュラ効果の使い方

caligula-using

 

カリギュラ効果の使い方はとても簡単です。

  1. 相手に興味を持たせたい単語をあえて伏せる
  2. 相手の関心が高いことを禁止する

 

たったこれだけです。

それではブログに置き換えた場合に具体的にどういう使い方が出来るのかご紹介します。

 

記事タイトルに使う場合

・【閲覧禁止】他人に絶対知られたくない○○の温泉3選
・初心者ブロガーが信じているブランディングは今すぐやめよう!

 

この場合「○○の温泉ってなに!?」や「ブランディングは悪い事?」などの好奇心や不安を抱かせることが出来ます。

 

記事冒頭に使う場合

この手法を実施すると貴方は元の手法には戻れなくなります。

その理由は「あまりにもシンプルに高い効果を発揮してしまう」からです。

その為、絶対にこの手法を試してはいけませんよ?

 

この場合「そんなに効果があるなら気になるなあ」と興味を抱かせることが出来ます。

 

このように「見てはいけない・調べてはいけない・試してはいけない」などの注意喚起的な煽りを前置きに加えることで効果を発揮します。

見ちゃダメとか言われたらやっぱり気になっちゃうよおお
やまキー
かなた
相手に興味を持たせたいときには抜群の効果を発揮する凄い心理効果だよ!

 

 

ブログの書き方:カリギュラ効果のコツ

caligula-technic

 

結論:読者に明るい未来(メリット)が有ると認識させる

 

カリギュラ効果で読者の興味を惹いたとしてもその内容が読者に対して一切メリットが無かったら意味がありません。

大切なのは伏字や禁止にした事を実施するとどんな効果が表れメリットが得られるか理解させることです。

 

商品購入までの流れ

  1. カリギュラ効果で興味を煽る
  2. 商品の効果やメリットを説明
  3. 商品購入!

 

具体的を挙げます。

タイトル:
初心者ブロガーが信じているブランディングは今すぐやめよう!本文:
初心者ブロガーは初めから独自のルートを進むのが成功の秘訣と誤解しています。

正しく最短で成功を収めたい場合は既に結果を出している先輩ブロガーからノウハウを学び真似することです。

その過程で自分の強みや弱みが見えてくるのでより効率的にブランディングが可能になります。

まずは基礎をしっかり学び地盤を作り上げましょう。

その後のブランディングでさらなる躍進をしましょう!月収○○万の実績があるノウハウはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
リンク:~~~~~~~~~~~~~~~

 

極端なタイトルで煽り内容を本文で説明し理解させることで商品の購入(この場合はノウハウ教材)に自然に誘導できます。

タイトルで疑問を持たせて本文へ誘導するのかー
やまキー
かなた
そうそう!タイトルだけ読むと腑に落ちないので記事まで誘導させることが出来るのだ!
モヤモヤの心理効果をうまい具合に利用しているね!
やまキー

 

ブログの書き方:カリギュラ効果の注意点

caligula-attention

 

結論:本物の注意喚起はデメリットを明確に伝える

 

カリギュラ効果は「絶対に○○してはダメ」などの注意喚起の表現を利用する為、本物の注意喚起と見分けがつかない場合があります。

伝え方を曖昧にすると本物の注意喚起が届かず読者に不幸な結果をもたらす危険性もあります。

 

本物の注意喚起はデメリットを明確に伝えカリギュラ効果を利用した表現と差別化を行いましょう。

確かに!本当に注意しているのか分からない時もあるよね!
やまキー
かなた
カリギュラ効果は影響力が強いからしっかり使い分けないと読者に迷惑をかけるので要注意だよ!

 

ブログの書き方:カリギュラ効果:まとめ

caligula-summary

 

カリギュラ効果は禁止されるほどやってみたくなる心理効果です。

テレビCMや動画のサムネイルで広く使われています。

 

使い方は簡単で興味を持たせたい情報をあえて伏字にしたり、

「見てはいけない・調べてはいけない・試してはいけない」などの注意喚起的な煽りを前置きに加えることで効果を発揮します。

 

しかし、カリギュラ効果と本物の注意喚起の区別の伝え方には注意が必要です。

これらを混在させてしまうと読者を混乱させてしまう場合があるので、本物の注意喚起は必ず実施してはいけないデメリットを必ず伝えましょう。

 

カリギュラ効果を上手に使いこなせると意図的な注目度の誘導や購買意欲の促進が可能なるので収益アップにつながります!

是非利用してみましょう!

-文章術
-, ,

© 2021 かなたのブログ